踊る酸素 『〜GODIVAより、あたしたち。(再)〜』/ 神楽坂セッションハウス 16:00- 2000円

 若さ一杯、弾けるアイデア。コンドルズ可能性の獣たちで出会ったカンパニー、ホントにこちらが恥ずかしくなるくらい溌剌としていて、それでいて勢いだけではない可笑しみも含んでいて。これからがとっても楽しみ‼️

 

f:id:tosakurai:20170527212500j:image

マドモワゼル・シネマ 『一人旅』/ 神楽坂 セッションハウス / 19:30- 2800円

 いつもは群舞、それもかなり物語り構成なダンス作品を踊っているから個々の力量とか考え方とかわからなかったけど、個人個人でのダンスとなり、其々の個性が飛び散っていて大変なものだった。踊りが上手い下手、の前に何を目指しているのかが提示されて凄く楽しかった。この先、メキシコ&エチオピアに向かうんだって、応援しなきゃ‼️

f:id:tosakurai:20170520213805j:image

コンドルズ 『17's MAP』/ 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール / 14:00- 5000円

 毎年恒例の新作さいたま、今年は尾崎豊掛け。でもいつもの脈絡無さはかなり鳴りを潜め、全体の統一感が高かったのが好印象。また近藤良平さんの踊りが、動きを削ぎ落としたシンプルな作り込みになっており、作風が円熟したのかな?って。面白いのは当然だけど、それだけじゃない、少し哀しいことも含めていて。凄い満足感の高い舞台構成でした。あと若手ツートップ; 香取君と拓朗が空を舞うような身体の動きで見惚れた。

f:id:tosakurai:20170520213641j:image

かえるP 『THE SUN』/ 中野RAFT / 19:30- 2500円

歌舞伎だんまりは物事を探る動きだけで観客を魅了する。かえるPはどうでもよい動きに小さな意味を考えさせて観客の頭を攪拌する。で、どちらも僅かな動きに気持ちを集約してるとこがなんだか似てるなあ、と思った。うんかぶいてる感覚、とにかく楽し。アイデアと軽めのシャレ動きがイイ感じでシンクロしててナイス。前回渋谷Edgeで観た感覚、やっぱり当たりで。それに小暮香帆が多才なとこを発揮しててグッドでした。イェーイ。

f:id:tosakurai:20170513233304j:image

電磁カクテル 『キャベツむろんぐるぐる中かもね』/ 神楽坂セッションハウス / 16:00- 2500円

技巧と溌剌が上手くミックスされていて楽しかった。小林菜々さんの踊りは以前から観ていたので安心の範疇、でもやっぱりよく動くし関心関心。楠田さんのエレクトーン、僕はエレクトーンは妹が小学生の頃に習っていて家にあったのでその記憶しかないんだが全然違う楽器だった、多彩カラーで分厚く幅広な音色にワクワク。ユニットの方向がストレートに『音&身体』に向かっていて大好感。やっぱり持てる力で色々やってるのは楽しくてイイやね〜。

f:id:tosakurai:20170513232248j:image

Rosas - 時の渦 Vortex Temporum / 東京芸術劇場プレイハウス / 1500- S5500円

ちっともダンサーらしくないのに、なんか軽やかな踊りで素敵。曲は現代音楽だからありがちな展開だったけど、それを身体でコピる感覚が面白かった。ベルギーの銀行員みたいな男性ダンサーの動きが秀逸。また髭面の大男はまるでコンドルズの鎌倉さんばりのゆったりとした泰然たる動きでこれもナイス。一方で女性ダンサーはあまりピンと来なかったけど、主宰のケースマイケルさんの好みなのかな?本人が踊ったFaseより客の反応もおとなしかったけど、これは後ろの席の方が喋ってた通り、「本人の踊りを観た、と言いたい人が多いのよ」ってのが筋なのかも。

f:id:tosakurai:20170506233826j:image

1705033 / Rosas - Fase / 東京芸術劇場プレイハウス / 1500- S5500円

いい感じで脱力感な踊りで最高でした。ライヒを選んだ時点でこの流れは決まりでしょうけど、それにしてもミニマルにジワジワ来る波動がたまらなくて、見入ってました。SNS界隈でも絶賛が多く、なんか凄い得した感じで。力の抜け具合は歌舞伎踊りでの音羽屋的なイイ感じでしたが、果たしてコンテ界隈にこの例えが通じるものかどうか?

f:id:tosakurai:20170505112507j:image