時には茶の間でケンカして 2016 / ビルヂング 横浜BankART Studio NYK

ビルヂング最高‼️昭和歌謡最高‼️ ウルフルズが昭和歌謡かどうかはまあいいとして、カンパニーの力強さ・面白さ・楽しさが大幅にパワーアップしてた。 加藤さんの振付はツボを突いてるし、香取君のキレキレのダンスと五十嵐さんの渦巻きは絶好調そのもの。 全…

ダンスのおはし vol.4 / STスポット横浜

ウィスコンシン大学のダンス学科とMACOBA Dance Companyの共同主催。 アメリカ人ダンサーの踊りを観るのは初めてだったけど、やっぱりダンスは世界言語だね、すんなりと身体に心に染み込んできた。 なにしろ上手いの。テクニック過剰かなあ、とも少し感じた…

DANCE/NEST more @中野RAFT

女性3人のソロ。勿論三者三様で楽しめた。尾花藍子さんはクールな動き、照明を使って自己の部分的存在感を浮き彫りにしてミニマルな動きで見てるものの視線を釘付けにする。水越朋さんは一転大きなうねりに身を任せ、波を楽しませてくれる。小野彩加さんは脇…

日常行為が倫理から外れる恐れがあるので悟りを開こうとしたが至難。これがおどりと言えるのか / 無体 @中野テルプシコール

開演前に総合演出の中西さんと挨拶したけど、ほんとに普通の若者でビックリ。もっと変なヤツかと。。 作品はダンスというよりパフォーマンス風に進み、言いたいことは伝わってきた。そうなんだよなあ、日常を普通に生きてるだけでズレを感じる瞬間ってあって…

ペッピライカの雪がすみ / lal banshees @こまばアゴラ劇場

なんだかとても野心的な作風。横山さんの作風なのかな?でも集合と離散な動きを上手くミックスしていて良かった。静と動を急変させるのも楽しめた。それにしても北川結ちゃん、踊りが上手いなあ。今作が旗揚げということだから次回作に多いに期待。 結ちゃん…

錆からでた実 / 東京芸術劇場シアターイースト

なんか着いたら開場前から行列が出来てて、えそうなの?そんな人気公演なんだ?とビックリ。40人目くらいだったと思うけどまあ好きな席に座れたんで良かった。 映像芝居、の名の通り映像投影と音楽とダンスがガンガン絡み合ってて感動。 ダンサーの鈴木美奈…

シアター21フェス夏 / 神楽坂セッションハウス

若い人の登竜門的なオムニバス公演。層はまだまだ厚くて良いなあ。 技術的に卓越しているというよりも、今日の出演者達はアイデア勝負な所が多かったように思う。 まあなんでもやればいいさ、そのうち自分の色が付いてくるのでしょう。 おそらくは幼い頃より…

パラダイス / 大駱駝艦 世田谷パブリックシアター

え!舞踏公演じゃないの?色塗りしてるのは基本として、そんなに動き回って。ダンスみたい、群舞だ。 僕の中で、ダンスは身体の動きで観る者の心を揺さぶるモノ、舞踏はその中でも身体そのものの持つ存在とか意味不明な形作りとかで観る者の脳裏に今まで浮か…

ダンスライヴ / Co. 山田うん 東京芸術劇場シアターイースト

パーカッションをベースとした音楽に乗ってダンサーがデュオで即興ダンスをするという形。 振付ではなく、素の自分を出して能力・技能・アイデア勝負。なかなかの真剣勝負。とても緊迫した舞台で面白かった。中でも出色はやはり川合ロンかなあ、彼のダンス、…

ダンス花受賞者公演

オムニバスで今までの受賞者が次々出てくるから仕掛けとしては失敗のない公演設定、さすがに伊藤さんプログラム。 なかでも追っかけの(節度ありますよ、もちろん)中村蓉ちゃんは、いつもの楽しい伸びやかさを封印し、観客に背を向け、荒事にチャレンジする…

Love Me Tender / コンドルズ さいたま芸術劇場

さいたま10周年公演とのこと。 だからかわからないけど、いつもよりダンスパートをとても大事に構成している感じがした。 そして踊りそのものも綺麗に、余分なテクニックで引っ張ろうという感じではなく、綺麗に流れていた。コンドルズの原点みたいなものか…

ダンサロン / 表参道 スパイラルホール

9組のオムニバスで、ダブルヘッダーの一回目に1時間モノを観てきた当方にはナイスなセッティング。MCが浩太君に変更になってたけど、ちゃんとしてたよ。当然か。 ダンスにはホントいろんな表現方法があるのがとりわけオムニバスだと歴然。どれが良いとか正し…

堕落ヒコーキくん / 神楽坂セッションハウス

若さハツラツ。ダンスは楽しまなくちゃ。でコンセプトは飛行機少年ですが、でもなんだか踊りを精一杯頑張ってる感が強くて、コンセプト云々より若い踊りを楽しんだ。もっともっとやれることがあるんだろうし、時間もたっぷりあるから羨ましいな。

トリスタンとイゾルデ / 荻窪KARAS

僕はパンクですがクラシックファンでもあり、またオペラファンでありワグネリアンでもあります。どんな構成にあの曲調がなるんだろうかとワクワク。期待を裏切らない出来栄え。やっぱり勅使川原さんは凄いなあ。愛の旋律を、ぐるぐると昇華して、佐東さんの…

ミブリ / 東中野ストアハウス

始まる前にダンサー自身が語っていた通り、緩い感覚の和み系ダンス。これはこれで面白い。軽い動きを凄く丁寧にこなしていて好感。ダンスは本当にバリエーションあり過ぎで時間が足りないよおー、と叫びたくなる。真面目に、着実に歩を進めているダンサーに…

渋谷ルネサンス

ダンス公演 #dance じゃないけど。路上パフォーマンス。でもダンスの力を確信させる楽しさだった。蓉菌ダンスは僕のカラオケ十八番で笑えた。岡本優さんの振付は飛び出す変化が屋外でも充分通用していたし、ディレクションの北尾さんは結構キメてたし。いや…

消えない傷跡 / 南阿豆ソロ舞踏公演 / 中野テルプシコール

すっかり舞踏にも目が届くようになり楽しくなってきた今日此の頃。やはり踊り、とりわけ舞踏にはその人がそのまんま出るので対峙する観客としては舞踏家の過去云々を一切抜きにして、今その舞台に立っている身体をシンプルに鑑賞するのが良いのかなと現在の…

VACANCY / 上野ストアハウス

オムニバス形式のダンスドラマ。部屋に見立てた窓枠を効果的に使ってシーンを彩る。なんかほんわかした踊りが多くて、ドラマ仕立てだからなのかな、楽しめた。それぞれのシーンの色合いは担当した振付家の個性でだいぶごちゃ混ぜになってたけど、それがアパ…

リアル・コントローラー / 奥野美和主宰振付 @横浜 BankART Studio NYK 1F Kawamata Hall

7人のダンサー。登場は包み込まれたビニール袋を引き裂いて。その後は幾つかの場面に完全に分けられ、人間、身体で何が出来るか自問自答な感じ。最後に全員揃い静かな余韻で終わったのが、なんだかとっても綺麗だった。創作意図の『人を動かすモノ』は、この…

プロメテの火 / 新国立劇場

アーカイブということで、1950年初演作品を現代に甦らせる試み。国立劇場だし、ダンサーは選んであるしで、文句のない出来。それにしても消防法で本物の松明が使えなくなったので、1960年に上演を止めたってのは面白いエピソード。ほんの小品だったけど、木…

アンデパンダンフェスティバル / @四谷 Art Space 呼応

ダンス4組。どれも違うニュアンスなので飽きずに楽しめた。ギリシア神話の女神の踊りみたいなのや、なんか言いたいんだけど今は言わないダンスみたいなのとか、とにかくダンスは観れば観るほど身体の放つ力(オーラというと大げさ過ぎると思うけど)の可能性…

サイコ・カナリア / Abe"M"ARIA @中野テルプシコール

看板(フライヤー)に偽りなし。初めて観たけど強烈の一言。人間じゃないみたい。躍り狂う、いや狂い踊りとなり、はかのことかと。素晴らしい体験をしました。思い切ってダブルヘッダーだったけど出掛けて良かった。また観よっと。

スニーカーのための5つの前奏曲 / &edit. @神楽坂セッションハウス

立ち上げ公演とか。スニーカーをたくさん小道具に使って、その使い回しだけでも大変そう。5つのパートは特に明確な区切りは感じなくて、とにかく目まぐるしくスニーカーが宙を飛ぶのでダンスなんだかスニーカー空中戦なんだか、面白い展開。次回作は小道具を…

ガーリー / 永野沙紀 @東陽町 アートスペース .kiten

狭いマンションの一室。踊るスペースは、2メートルX3メートルしかない。ここでウネリを出すのはなかなか難しいだろうなあ、と開演前にぼんやり考えていたのだが、ロウソクの灯りを使うことで空間を広げ、でも時にライトアップで全身さらけ出し。試行錯誤の段…

モノガタリを探して / マドモワゼルシネマ @神楽坂セッションハウス

いつもに増してよく練られた脚本で楽しめた。人それぞれ抱えてるモノガタリは違うけど、人間としての根っこの部分は通奏低音のように共通する部分があると思う。それを踊りのカタチで様々に提示していて面白かったです。やっぱりシアター付きのマドモワゼル…

談ス / 平原慎太郎など @渋谷PARCO劇場

ダンスって、コンテンポラリーって、こんなに面白くていいの?楽しくて、でもキチンと構成されてて感動、というか嬉しかった。慎太郎は『踊れるコント組』確定だあ‼️途中でステージ一杯にチョークが飛び散り、その中で、ある者は文字を書き付け、他の二人は…

AMMO-NIGHT GIG / カセキユウコ @四谷 スタジオ呼応

ギタリストとのデュオ。ダンサーもギタリストも海外中心に活躍中との解説文だったけど、そうなんだ、って感じ。舞踏はギリギリに創り上げた身体一つで勝負だからかなり厳しいよね。海外での評価なんて知らないけど、まあよくここまで削ぎ落としたもんだな、…

ARK / 川崎市民プラザ

ICHIBANGAI Dance Studioの第一回公演。珍しい開催場所だったけど何でだろう?全7作品、コンテンポラリー、バレエの組み合わせ。一発目が柳本さん振付でぶちかまし、その流れでぐー、って感じにはいかなかった面もあるけど、皆んな初演を盛り上げようと健闘…

ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらん / ダンス・プロデュース研究部 @池袋あうるすぽっと

3人の振付家による、みっちりとした三作品の公演、全2時間。高野さん振付作品はダンサーの若さ・瑞々しさを充分に活かした楽しい作品。トップに一人上手なダンサーを配し、全体をそのダンサーを軸にまとめる感じ。皆んな楽しそうでした。今津さんはベートー…

NEXTREAM21 / 品川六行会ホール

16組によるダンスコンテスト。FB繋がりの、ないきさん、柴田さんとも挨拶出来たし、嬉しかった。16組はそれぞれ頑張ってはいたと思うけど審査員受けはあんまり良くなく、最優秀賞は該当なしという寂しい結果。でもみんなまだまだ若いし、これからドンドン伸…

BEAN / CHAiroiPLIN @神楽坂セッションハウス

スズキ拓郎の創る物語は分かりやすく、でも楽しめて、ウィット効かせてあって面白い。ダンサー達も色んな役(鶏とか豆!とか)をこなして踊りはソツなく一生懸命で好感度大。今回は何と言っても、ぎたろーが獅子奮迅の働きでオモロイし、骨格十分。このカン…

うつしみ / 奥山ばらば @大駱駝艦 壺中天

本格的にBUTOHを観るのは実は初めて。どうかなあと思ってたんだけど、とっても良かった。研ぎ澄まされた肉体を極限まで『動作』させ、場を作る。櫻井郁也君とは違う極致の作り方で大変勉強しちゃった。なんかこの方面も突き詰めてみたいなあ。

シナモン / 勅使川原三郎カラス @両国シアターX

ダンス界の立川流と名付けることにしました。相も変わらず他では決して見たことのない踊り。なんとも毎回驚愕させられるダンスステップ。勅使川原さんも佐東さんも、そして鰐川さんも。カラスの言語は楽しむことは勿論だけど、その系譜が今後どう繋がってい…

ケダゴロ / 雑司が谷鬼子母神境内

フライヤー見て、どうかなあ、とも思ったんだけど、開催場所が大学時代の下宿の近くで惹かれて観劇。そしたら大当たり。土と戯れ、土と格闘し、土に邪魔され、土に同化する。結局のところ、人は土の上、地面で生きているわけで。そこで楽しんだり笑ったり悲…

The Way Feels Go / 中野RAFT

良かった。2つの意味で。ダンス作品としては、身体という言語を使ったひねりを効かせたものではなく、思いをストレートに表現していて清々しかった。劇団員の方も参加していたのが作用したのかも。『ダンサーとFBで繋がるぞ大作戦』で繋がった齊藤コンさんは…

動きの幽霊 / 福留麻里 / 横浜STSpot

アイデアもの作品だった。ダンサーが見え隠れするたび、なんか違うことが頭に浮かんでくる。来週からの新しい仕事のことや、先週観たダンスやら、夕飯何食べようかな、とか。そうか、時間の回し方を独特なセンスで伸び縮みさせてるんだ、だから頭にショウモ…

櫻井郁也ダンスソロ ホーリーバード plan-B

櫻井郁也はちょうど2年ぶりに観た。FBで繋がって、苗字はおろか同い年とわかって何だか凄い親近感。1964年東京オリンピック生まれも、これまでの越し方でこうも違う世界観になるのかと。それはそうと、ダンス、舞踏、踊り、は凄かった。丁寧に練りこまれた身…

WARP MANIA / 鈴木ユキオprojects / シアタートラム

二部構成。一曲目は難曲の『春の祭典』。曲前半を踊らずにダンボールケースを積み上げた壁にプロジェクトマッピングして、春の前の風景を映し出す。と言っても蕾とかじゃなくて、戦争やら災害やら。ここは頭を使ったかわし方かなあと思う。普通に踊りではい…

Trifles / LUDENS 森下スタジオ

LUDENSの公演は客席入場すると既にダンサー達がウォームアップのような振付のような動きをステージ上で行っているのが常らしく、ダンスのない日常からダンス空間へと途切れなく連続的に入り込んで行くのが面白いと思う。ダンサー達は各々の動きを徐々に温め…

DANCE Scrum 池袋あうるすぽっと

若手ダンサーの楽しき競演、饗宴。どれも楽しくて、切なくて、面白くて、可愛くて、どんなメモを残せば良いのだろうか。TABATHAのどうしようもない可愛さ・楽しさ、中村蓉ちゃんの美しき変容、プロジェクト大山の賑やかな静けさ、Baobabの激しい伝わり、どれ…

上村なおか solo 神楽坂セッションハウス

グループダンスのメンバーとして観たことあるけど、ソロは初めて。1時間があっという間に過ぎてたというのがまずは最初の感想。手足・身体を使って、時間をコントロールしてる感覚があって、その呼吸と間合いに観客が合わせていく作業が発生し、地下スタジオ…

うたう 平田友子 千歳烏山 StudioGoo

ダンサーの語り付き。生の言葉と身体のコトバがお互いに呼応して、まさにポリフォニック。動きはあくまでもしなやかで、優雅で綺麗な語りを伝えてきた。ここは二回目だけど民家の一室で踊り手にとても近く、一体感が素晴らしい。迷わずFBリクエストしちゃっ…

MatchAtria 川口ゆい 横浜赤レンガ倉庫

3Dサングラスにヘッドホン、手には心臓のシリコン模型、ダンサーの鼓動とリンクしてるとか。映像は3Dだから飛び出すし、ヘッドホンから生暖かな日本語ナレーションが流れ、セッティングはかなり異様。でもダンサーの質は最高。こんな日本人ダンサーが世界に…

加藤みや子ダンススペース公演2016@浅草アサヒ・アートスクエア

統率の取れたダンサーの力強さが堪らなく好き。個々人、誰を観るでもなく塊になって響いてくる。そんなストレートな作品が多かった。その中にあって、僕のお気に入り、木原浩太のソロがまた絶好調。彼の手足は彫刻です、きっと。

datura 日本女子体育大学ダンス・プロデュース研究部 @浅草アサヒ・アートスクエア

瑞々しい若い子の弾けるダンス。技量には差があったけど、とにかく弾けていて楽しかった。アイデアもいやらしくなく、すんなりとカラダに染みてきて、やっぱりカラダが語るダンスは良いなあ、と。このメンバーの中から次代を背負う気鋭のダンサーが出てくる…

原色衝動。白井剛 世田谷パブリックシアター

ヤラレタ。アーティストの好き勝手に完全にヤラレタ。。何を表現したいのか、全く不明。身体の動きがしなやかなのは、プロのダンサーとして当たり前のことで、じゃあ、それで何が語れるの?って話。舞台装置も中途半端だし、デュオとしての一体感もなし、僕…

Dance Gathering Performance 新宿

全労済ホール、スペースゼロ、初めての場所、初めての主催者・出演者。ジャズダンスが少し入ってる感じでオシャレな振付。一糸乱れぬ群舞が多く、初めて観るものだった。たまには違った方向性のダンスを楽しむのも良いもの。各ダンサーはバレエの基礎がきち…

プロジェクト大山 Triple Bill

お気に入り(ばっかですが)のプロジェクト大山より3名の参加の企画物。いずれも個が立っていて良かったです。アルミ装置を使った遊び心、それを引き裂く音響の効果が楽しかった。中でもトリのデュオではセッションハウスの壁面一杯にプロジェクションマッピ…

外の千夜一夜 横浜赤レンガ倉庫

意味を持たせるのに言葉は必要な時と不要な時がある。今日の2演目は完全に語っていた。一番手はDEAD1。前から名前を知っていて気になってた鈴木ユキオさんの観客にようやくなれた。振付はオドロオドロしいけど、人間の愚かさなんだろうね、それは。なんでも…

鰐川枝里ソロ@KARAS APPARATUS

ここに来るのは1年あまりぶり。勅使川原さんの振付メソッドを2014年は思う存分満喫したので足が他へ向かっていた。今回、そのメソッドで育て上げられた鰐川さんが初めてソロ公演を行うというので久方ぶりに荻窪までやって来た。そして改めて勅使川原メソッド…