Light3 / 光が丘 IMAホール

FB繋がりのダンサーにお誘いを受け。なんか主催団体とかの関係で普通には入ってこない公演情報があるようだ。 6グループのダンスだったけど、どれも水準以上。得した気分。 ベートーベン運命の群舞はかなり観客に熱狂を生み出した。 その後、京都でマーラー…

ダンスブリッジ 近藤良平ディレクション / 神楽坂セッションハウス

まさしく近藤さんのディレクション。近藤さんが裏コンドルズでやりたいような作風を集めた感じ。スペシャルゲスト?のコンドルズメンバー; 香取君・安田さん・ぎたろーも楽しそう。こんな緩い感じのコンテンポラリーダンスもありありっすね。それにしても若…

ディクテ / 山田うん / 青山スパイラルホール

ディクテという本を基に、カラダとコトバの融合。これは結構難しい。山田うんの静の所作が美しいので結構上手くいってたけど、紙一重で揺らぎそうな部分もあった。賛否あるだろうけど、台詞をダンスに組み込むにはかなりの力量が必要なんだろうな。

Cross Transit / 北村明子 / 世田谷シアタートラム

凄い。驚愕、驚嘆。メンバーそれぞれの動き、その絡み、そしてドラマトゥルグが生み出す推進力。北村さん、早稲田で、蓉ちゃんと同じで、きっと良いだろうなあという予感はあったけど、ほんと大当たり。

ビーム / nemo / 渋谷 space EDGE

若い舞踏家と生音と映像美術と。舞踏はもういいや、勝手にわけわからんこと楽しんでやってておくれ、俺には無用だ。

京極朋彦ダンス企画 女性版 "カイロー" / 用賀 Rire Yoga&kids dance studio

コトバとカラダのぶつかり合い、せめぎ合い、融合、統合、反発、協働、云々に挑戦した意欲的な作品。っていうかオモロイ。カラダ器官全部使って何処まで飛べるか、だもんね。よくやるわ、喝采。 個人的には、なかなか挨拶出来なかった北川結ちゃん(もう、ち…

ダンスカトルカール / 神楽坂セッションハウス

女性ダンサー4通りの競演。アイデアの面白かった二瓶野枝さん、相変わらず背中姿の美しい平田友子さん、静動のタイミングがカッコいい古園井美果さん、それと特別ゲスト扱いなのかな、スイス人ダンサー。 僕はソロダンスは、たった一人で空間を切り刻んでい…

ダンス花 アドバンス Autumn 2016 / 神楽坂セッションハウス

若手は勢いがあって良いなあ。それだけで突っ走るのも考えものだけど、でもダンスだもんね。今日はtantanの可愛くてしなやかで優美な感じと、香取君のデュオの少し大人ぶった感じがイチオシかなあ。他も面白かったけどね。 この中から次代を担う者が立ち現れ…

DAISUKI / スタジオアンクール 高田馬場 1609180

ダンススクールの主宰者; 酒井亜矢さんにお誘いを頂き観に行った。コンテンポラリーダンス一つというわけではなく、生徒さんの発表会の形式だったけど、ダンスあり、歌あり(なんと、さだまさしの雨宿り独唱。歌謡ショーよ)、コミカルミュージカルあり、のて…

ダンスのための6人 / studio GOO 千歳烏山 1609180

6人の女性ダンサーによる10分の小品オムニバス。1人には十分な広さのフロアで、それぞれが自分の持ち味を発揮してた。 なかでも太田ゆかりさんのしっかりとしたテクニックに支えられた時間の流れは楽しかったし、僕のお気に入りの上村なおかさんの言葉とカラ…

米とりんご / 鰐川枝里 / KARAS APPARATUS

枝里さん、また今日もやってくれました。あのしなやかで激しい動きは良いね、やっぱり。再演のはずだけど、前と少し変えた所もあったようで、クラシック音楽で言うGP、ゲネラルパウゼ; 全停止、のほんのわずかな一瞬が凄く効いていたと思う。 曲調を敢えてチ…

ダンス花アワード2016 vol.25 / 神楽坂セッションハウス

若い❗️若さ一杯‼️テクニックはキチンと入ってる人も、まだまだ進化しそうな人も色々いたけど、とにかく若さで押し切る潔さ。清々しいです、オジサンには。楽しめました。やっぱりセッションハウスは企画が絶妙だよなあ。

夜弓 / 朝弘佳央理 / 明大前 キッド・アイラック・アート・ホール

先日に続いて朝弘ダンスの鑑賞。キッド・アイラック・アート・ホールは初めて行ったけど、思ってたより小さな小屋。 でも今回の方がはるかに出来が良かったと思う。前回は即興で、今回はキチンと作り込みをした作品だからだろうか。 動きのしなやかさはロウ…

親愛なるアルトーさんへ / コルヴス / 神楽坂セッションハウス

オイリュトミーが何なのか、まだ分からないけど、今日の公演は理屈抜きで面白かった。要するに身体と言葉を思いっきり使ったパフォーマンス。詩人であり狂人であったアルトーの人物像をガンガン動いて喋って浮かび上がらせる。振付も独特な動きで楽しめた。

コンドルズ20周年記念公演@渋谷NHKホール

僕の別格大本山、コンドルズ。それも20周年記念のLIVE。NHKホールにこれだけの客を呼べるのはやっぱり素直に凄いこと。 公演中身は過去の名作?シーン再発あり、新バージョンあり、で2時間強があっという間の出来事。 続けること、続けられること、変わらな…

天動説と輪染みに関する考察 / 朝弘佳央理他 / 四谷三丁目 茶会記

なんでこんな訳のわかんない題名を付けたがるのかねえ?、不思議というか、笑っちゃうというか。音楽とダンス、言葉で題名を無理無理付けるのはなんだかなあ、といつも思う。ま、いいけど。 パリ在住のダンサーの帰国公演で行ける日がたまたまあったので出掛…

ささらもさら / 東雲舞踏 / 日暮里 d倉庫

舞踏、未だ勉強中。なかなか身体に入って来ないんだよなあ。絶対面白いはず、っていう直感は浮かぶんだけどなあ。まだ観始めたばかりだから、ゆるりとやりますわ。

カレイドスコープ20周年記念公演 / 新宿 全労済ホール スペース・ゼロ

このカンパニーを観るのは2度目。基本、バレエとジャズダンスの技法を使って、群舞が美しい。過去の作品から小品3つと新作1つ。小品の方が楽しめた。練り込まれてるから?なんかダンスに対する集中力も日によって違うようで今日はそんな日だったのかも知れな…

夢踊 / 絵空箱

大人の大冒険。出演ユニットどれもがセクシーにハッチャケてて、でもダンスだから切なさも感じさせて。これまで観たことないセットだった。情報くれた、ないきさんのユニットは抜群の破壊力、でも髪は刈ったことしかない僕には髪を切るって何だろう?みたい…

dansky / 渋谷 space EDGE

新鋭振付家・ダンサーによる初の自主公演とのこと。才気溢れる若者がアタマとカラダを働かせて創り上げた作品はイマイチな部分もあったけど、総体としてはグッド。なにしろ彼らがこれからのコンテンポラリーダンスシーンを引っ張らないと、そんで僕のような…

牧神の午後 / KARASアップデイト

何と言ってもドビュッシーだからね、来ないはずがない。耽美な世界観をより明らかにするためにステージ前面にスクリーンが貼られ、牧神達は中の世界で戯れる。それにしても今日の佐東さんは一段と綺麗な動きだった。ダンス後の解説、今日のはちと滑ってた感…

きちんと立ってまっすぐ歩きたいと思っている / 黒田育世新作公演 / ムジカーザ 代々木上原

黒田育世さんの振付は難しい。群舞のBATIKではそんなに感じないけど、ソロになると途端に細部がさらに細分化されて、それぞれに意味合いを持たせてるようで読み解くのが難題。ダンスなんだから流れを楽しめばそれで良いのだけれど、やっぱり自分なりの想像・…

おどる、うたう、あそぶ。/ 近江楽堂 中村蓉(ダンス)、他

音楽遍歴は長く、大学ではオーケストラ部に所属して、クラシックは交響曲はマーラーとブルックナー、室内楽はバロックが一番の好みのアタシ。今日はバロック、(まあモーツァルトもあったけど)、で蓉ちゃんがどんな踊りを魅せてくれるか楽しみに出掛けた。 い…

『非黙』エリック・サティを踊る / NOWNWORKs 日暮里d倉庫

サティをどう料理するか。こりゃ難しいわ。と思ったら、さすがの慎太郎、サティに飲み込まれることなく、逆にサティをノイズの一部と捉え直し、若いダンサーに無機な世界での出来事を演じて・踊らせてみせた。 これはこれで、サティとの向き合い方として面白…

トヨタコレオグラフィアワード2016最終審査会 / 世田谷パブリックシアター

次代を担う振付家の発掘、という副題で審査会に臨んだのは6人の若手振付家。 いずれも最終審査会に残っただけのことはある、と言いたいとこですが、なんでこれが?というのも複数あり、なんか慎太郎の勝ちは時が進むごとに露わになっていった。 なんで201組…

ファーストアルバム - ボーナストラックは止まらない - / 神楽坂セッションハウス

若い❗️でもそれを勢いで突っ走らないで色々練ってたねえ。いろんな動きはこっちの想像をどんどん膨らませてくれるから良い。 女性だけの箱入り娘も、なんか考えさせる構成。 こうやってどんどん若いのが、テクと構成と動きの制動で色んな形を提示してくれる…

時には茶の間でケンカして 2016 / ビルヂング 横浜BankART Studio NYK

ビルヂング最高‼️昭和歌謡最高‼️ ウルフルズが昭和歌謡かどうかはまあいいとして、カンパニーの力強さ・面白さ・楽しさが大幅にパワーアップしてた。 加藤さんの振付はツボを突いてるし、香取君のキレキレのダンスと五十嵐さんの渦巻きは絶好調そのもの。 全…

ダンスのおはし vol.4 / STスポット横浜

ウィスコンシン大学のダンス学科とMACOBA Dance Companyの共同主催。 アメリカ人ダンサーの踊りを観るのは初めてだったけど、やっぱりダンスは世界言語だね、すんなりと身体に心に染み込んできた。 なにしろ上手いの。テクニック過剰かなあ、とも少し感じた…

DANCE/NEST more @中野RAFT

女性3人のソロ。勿論三者三様で楽しめた。尾花藍子さんはクールな動き、照明を使って自己の部分的存在感を浮き彫りにしてミニマルな動きで見てるものの視線を釘付けにする。水越朋さんは一転大きなうねりに身を任せ、波を楽しませてくれる。小野彩加さんは脇…

日常行為が倫理から外れる恐れがあるので悟りを開こうとしたが至難。これがおどりと言えるのか / 無体 @中野テルプシコール

開演前に総合演出の中西さんと挨拶したけど、ほんとに普通の若者でビックリ。もっと変なヤツかと。。 作品はダンスというよりパフォーマンス風に進み、言いたいことは伝わってきた。そうなんだよなあ、日常を普通に生きてるだけでズレを感じる瞬間ってあって…