原色衝動。白井剛 世田谷パブリックシアター

ヤラレタ。アーティストの好き勝手に完全にヤラレタ。。何を表現したいのか、全く不明。身体の動きがしなやかなのは、プロのダンサーとして当たり前のことで、じゃあ、それで何が語れるの?って話。舞台装置も中途半端だし、デュオとしての一体感もなし、僕にはひどく荒れた空虚な時間だけが与えられたようだった。そうか、それが狙いなのか、それなら許せないでもない。ダンス言語を昇華しきれていないもどかしさ、またそれを是とする終演後の拍手。勿論僕は拍手なんてしなかったけどね。
f:id:tosakurai:20160227165727j:image