きちんと立ってまっすぐ歩きたいと思っている / 黒田育世新作公演 / ムジカーザ 代々木上原

黒田育世さんの振付は難しい。群舞のBATIKではそんなに感じないけど、ソロになると途端に細部がさらに細分化されて、それぞれに意味合いを持たせてるようで読み解くのが難題。ダンスなんだから流れを楽しめばそれで良いのだけれど、やっぱり自分なりの想像・創造的解釈は掴みたい。今回はダメでした、惨敗です。髪型変えた黒田さんに一生懸命付いて行って幕引き。うーん、次は頑張るぞ、と。

f:id:tosakurai:20160817231717j:image